入門者が押さえておきたいホームページ作成の基本!その内容とは?

文章を作成するための構造

ホームページを作成するには、タグと呼ばれるHTML言語を勉強する必要性がありますが、タグはあくまでも表現をするための言語です。ホームページの多くは文章によって表現されていますよね。文章その物の構造について知る必要性がありますよ。文章にはタイトルや見出し、箇条書きなどの文章その物の専門的な言葉が沢山あります。この基本的な内容を知らなければ、見づらいホームページになってしまう可能性があるため押さえておくべき初歩的なポイントと言えますよ。

文章を表現するための基本タグ

文章の構造を表現するためのタグと呼ばれるHTML言語があります。改行をするためには、改行を行うタグ、文字を大きくするには文字の大きさを指定するタグなどです。一般的なテキスト作成ソフトは、EnterKeyを押せば自動で改行してくれますが、ホームページは一つ一つの変化に対してプログラムで表現して行く必要性がありますよ。プログラム言語と聞きますと難しい内容だと感じてしまいますが、インターネットには表現したい内容に対してタグを紹介しているホームページが沢山ありますので、そのタグをコピーをして貼り付けるだけで簡単に作成して行く事が可能です。

テーブルタグで簡単に骨組みを作る事が出来る

ホームページの多くは区切られた構造の中で文章が表現されていますよね。例えばよく見られる構造に上部にホームページの内容を現す画像が扱われ、その下の左側に項目が置かれ中央は本文によって構成されている内容です。この構造を作成するには、一般的に別ファイルとしてCSSと呼ばれる言語で表現する事が多くありますが、テーブルタグを直接HTML言語を扱っているページに適応する方法がありますよ。テーブルタグと言うのは、四角い枠が複数縦横に並んだ骨組みを現すタグになります。一般的に表を作るためのタグですが、このテーブルタグを利用すれば、よく見られるホームページの骨組みを現す事が出来ます。ポイントは、ボーダーと呼ばれる外枠を非表示する事です。非表示にする事によって表とは分からずに一般的によく見られるホームページと同じ姿とする事が可能です。

パソコン初心者でもHTML言語など、自然言語に近いわかりやすいものでホームページ制作をすることができます。