研修には大きく3つのパターンがあり、テーマによって選定します

現場で指導する研修があります

言葉で教えても理解できないような内容は、実際の現場で、見て、やらせての繰り返しの訓練で教えなければなりません。例えば、ミリ単位で旋盤工となる旋盤の扱いや溶接工などは、座学で教えられることは限られます。理解できても手が動かなければ、研修したことになりません。このような実技を伴う研修は、身体で覚えこませるもので、一度覚えてしまえば生涯の宝物になります。しかし、教える指導者に熟練と根気が必要と言われています。

会場に人を集めて行います

企業の研修で最も多いのが、机を並べた学校方式の座学研修です。マンツーマンではないので、10人も100人も同じです。講師を依頼した場合には、講師料が必要であるため、企業ではより多くの社員に聞かせようとします。ところが、テーマが一般的な研修であれば聞いている人が多いのですが、少し専門的な内容になると研修の効果は半減してしまいます。座学研修は、テーマの目的と対象者を明確にして行うことが最も重要になります。

宿泊をさせて行う研修

研修には、宿泊を伴って行うものもあります。新入社員研修では宿泊を伴うケースが多くあります。新しい人生のスタートに立ったメンバーなので、不安と期待が大きいものです。一日の研修で終えて、帰宅すると、不安がつのり、二日目には出てこない新入生もおります。そのために、宿泊させて研修後も顔を合わせ、話し合わせることで勇気を与える効果があります。また、同期の桜として団結心を持たせる効果もあり、現場に入ってからもコミュニケーションを取りやすくするためでもあります。

社員の外国語力を鍛えたい場合には、専門の講師から学べる社員研修を活用する方法に高い利用価値があります。