用途に合わせてパーツを選ぶ!サーバーの選定にこだわりを持つ

ファイルサーバーとしての性能のこだわり方

複数のサーバーを組み合わせてウェブサイトを運営する際には、そのウェブサイトがどういったファイルを多くやり取りするのかを意識しましょう。何十枚もの画像ファイルを常に表示する様なウェブサイトになる様であれば、サーバーを選ぶ際にもファイルの転送速度を考えなければいけません。ファイルサーバーとして使う機器を用意する場合には、メモリ帯域が早くてSSDを搭載している様なサーバーがオススメです。そうする事で画像ファイルの呼び出しも早くなり、快適にウェブサイトを表示出来る様になりますよ。

消費電力の低さを基準にサーバーを選ぶ

個人でウェブサイトを運営する際には、あまり消費電力が大きい機器ばかりを使っていると、毎月の光熱費の大きさに悩まされる事になりかねません。そんな個人の顧客も安心出来る様な、低消費電力のサーバーも世の中には沢山あります。HDDやCPUなどの消費電力が低いだけでなく、メモリ関連まで電力削減に力を入れているのです。そんな機器を使って試しにサーバー運営をしてみる事で、どれぐらい運営費用を削減出来るのか確認する事が出来るでしょう。

複数のOSから理想的なサーバー運営を行う

あまりサーバー用のOSに詳しくないという人こそ、試しに色んなOSを使ったサーバー運営をしてみるべきだと言えるでしょう。OSによって動作の安定性は大きく違ってくるものですし、ベンチマークの結果なども全く違ったものになります。OSによってはセキュリティ関連の脆弱性への対応の早さも違ってくるので、顧客のデータを扱うサーバー運営をする場合は、そういった対処の早さを基準にOSを選んでみてください。そうする事で自分だけでなく顧客にも安心感を与えられます。

レンタルサーバーはデータの通信量や速度などによってプランも色々と用意されているので、目的に合わせて選ぶことが出来ます。